GW、5月4日〜5日にかけてバイクでツーリングに出かけた。
初めてのバイクでの泊りがけのツーリング。

目的地は「龍泉洞」

コースは、国道45号線を南下。久慈市で買い物をし、小袖海岸→黒崎キャンプ場でテント泊。

翌朝は、北山崎を観て、龍泉洞→滝ダム→久慈市で昼食→洋野町(旧大野村)→階上→松館→帰宅

走行距離280kmのプチツーリング。ちなみに燃費は、40km/l
 

普代村「黒崎キャンプ場」にて

 

小袖海岸(NHKあまちゃんのロケ地)

小袖海岸では、ホタテの貝焼き(500円)やウニが売っていた。施設にはレストランもある。
私は久慈市のスーパーで買った「納豆巻」を岸壁のフチに腰掛けて食べたのでした。
爆音を響かせながらのハーレー軍団もやってきました。

 

黒崎キャンプ場  http://aonokuni.jp/experience/outdoor

このキャンプ場の料金は、フリーサイトでのテント設営は300円。バイクの場合、テント近くまでバイクを乗り入れることが出来る。
午後4時到着。先客は一人。50代でしょうか、青森市から来たとのこと。

私とほぼ同時に着いたのは、千葉から新潟を経由し、そこから時計回りに東北を周回中の20代は目元の涼しげな青年。シックな色のライダーズジャケットがやけに決まっている。

テント設営は3年ぶりくらい。やや手間取りながらも設営完了。
明るいうちにと、食事の準備にかかる。今夜のメニューは、おにぎり、ラ王、ウィンナー。チープなメニューだが外で食べると美味しい。

食事も終え、暗くなりかける頃もう一人が野太い排気音を響かせながら到着。ここのキャンプ場はとても静か。そこへやってきたもんだからてっきり大型のバイクが来たかと思ったのだが、実際はカブだった。
カブ乗りの40代?の彼は長髪で人懐こい笑顔がチャーミングだ。秋田から南下し福島から北上してきたとのこと。しばし歓談・・バイクにはたくさんのご当地ステッカーが貼られている。相当旅慣れている様子。
他にも大型のバイクを数台所有しているようだ。カブに満載の荷物。バイクの前後にはBOXも取り付けられている。ナビもハンドルに付けれていたが、昼間は明るすぎて全く見えないと漏らしていた。
彼との話も終え、テントに戻ると何故か不意にテレサ・テンの「つぐない」が頭のなかで鳴り始めた。
リフレインが止まらない・・・♪
カブ氏は何かをつぐなうために今回の旅を思い立ったのだろうか・・などと勝手な想像を膨らませてしまう。

19:30就寝・・・寝れるわけもなくテントの中でラジオを聴く・・・ウィスキーの小瓶をチビリ・・・
22:30消灯・・・寝ようと努力するも、外の枯れ葉が「カサッ」と音を立てるだけで「誰かが忍び寄っているのでは・・」と過敏になる。
24:00・・・の時計を見た記憶がない。いつの間にか寝ていたのだろう。起きたら5:30だった。
朝食は前日買ったタマゴサンドとトムヤンクンヌードル。食べてからのテント収納はかったるいだろうと思い、先に撤収することにした。
2日目は北山崎と龍泉洞を観て帰路に着く予定。北山崎まではキャンプ場から5分も走れば着く。北山崎に向かう前にキャンプ場の隣りにある黒崎の灯台を観た。

 
北山崎

 

龍泉洞

 
帰路は交通量の少ない道を選んだ。ポカポカ陽気の中、気持ちいい♪
出発から帰宅まで25時間。忘れ物も多かった。特にカメラのメモリーカード忘れは痛かった。観光地では盗難を警戒し撮れないカメラを持ち歩いた。
細かな失敗もあったが次回に活かす経験ができた。